建設業許可を取得することは、事業の拡大に大きく貢献しますが、必要な手続きが発生します。そのひとつが「決算変更届」です。

決算変更届は、毎年事業年度が終了してから4ヵ月以内に、決算の報告をする必要があります。
建設業の決算書は、建設業用の決算書に変更して作りなおさなければなりません。そのため、専門の知識が必要になります。調べる手間、作成する書類の量を考えますと、建設業のプロであります行政書士にご依頼いただくことがベストな選択かと思います。

必要書類

可能であれば以下の書類をご用意頂けるとスムーズに建設業決算変更届の作業が進みます。ご協力よろしくお願いいたします。

【ご用意いただきたい書類】

  • 工事の経歴がわかる書類(契約書・請求書・注文書又は請書)
  • 事業年度ごとの決算書(貸借対照表、損益計算書、株主資本変動計算書、申告書)

【準備作成する書類】

  • 変更届出書
  • 工事経歴書
  • 直前3年の各事業年度における工事施工金額の記載した書面
  • 事業報告書
  • 貸借対照表、損益計算書、株主資本変動計算書、完成工事原価報告書など
  • 法人事業税の納税証明書(都道府県税事務所の発行;その3の3)

ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

費用の内訳

サービス名称 申請先 区分 証 紙 代 金
(法定費用)
手 数 料 合 計 金 額
決算変更届 25,000円~ 25,000円~

 

建設業許可申請の問い合わせはこちら